[PR] セミナー 日常的生活。 石けん
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は「前田さんレシピ」の石けんです。
オイルの計算をせずに、瓶1本分をそのまま使うだけなので簡単です。
食用マカデミアナッツオイル375ml(360g)
食用マカデミアナッツオイル375ml(360g)
*画像をクリックすると商品ページに移動します



↑量的にコレがちょうど良いかなぁ?



【材料】
・マカダミアナッツ油:360g(375mlの瓶1本分)
・シアバター:60g
・ココナッツオイル:60g
・精製水:180g
・苛性ソーダ:62g

*このレシピの場合、型入れの日から数えて、熟成期間は5週間です。

マカダミアナッツ・フェイシャルバー
マカダミアナッツ・フェイシャルバー

真っ白い石けんでほんのりとマカダミアナッツの香りがします。
泡がすっごくきめ細かいです。
この石けんだけは家族に使わせず、私独りで独占しています

そうそう。
このレシピで作るとトレースがめっちゃ早いですw
簡単に贅沢な石けんが出来ちゃうのでお勧めですよ


スポンサーサイト
以前作った黄土石けんの新バージョン(?)です。

個人的に「豆乳」を使った石けんは大好き!
今回はナグチャンパFOがゲット出来たのでオリエンタルな石けんをと思い、黄土とコラボしてみました。
ちょうど息子がお年頃でニキビもすごいしね

豆乳黄土
豆乳黄土石けん

【材料】
・オリーブオイル:30%
・マカダミアナッツオイル:20%
・ココナッツ油:15%
・ラード:25%
・ひまし油:10%

【オプション】
・豆乳:水分の半分(後入れ)
・黄土:大さじ2
・ナグチャンパFO:着香1%

鹸化率:90%


黄土、大さじ2はちょっと多かったかなぁ?
ナグチャンパFOは強烈な香りなので着香1%でちょうど良い感じです。
熟成中はすごかったけれど好きな香りなのでモーマンタイでした。
でもこのFOは好き嫌いがはっきりと分かれるかも?
どういう香りかと言うと「インド雑貨屋さん」の匂いです(苦笑)

使い心地はグッド!!!

でも、今の季節に洗顔に使うとなると敏感肌さんにはちょっと突っ張るかな?
我が家では大丈夫ですけれどね




前田さんのレシピを自分なりにアレンジして、久しぶりにマルセイユ石けんを作りました。
私のイメージだとやはり「マルセイユ=オリーブオイル72%」でしょうか?

シナモンマルセイユ石けん
ラベンダーとシナモンのマルセイユ石けん

熟成中はサラミのような色でした(笑)
これはシナモンによる色で、着色はしていません。


【レシピ・600gバッチ】
・オリーブオイル:72%(432g)
・スイートアーモンドオイル:5%(30g)
・シアバター:2%(12g)
・ラード:8%(48g)
・ココナッツ油:13%(78g)

【オプション】
・ラベンダーEO:120滴
・シナモンパウダー:小さじ2
・レッドラズベリーシードオイル:大さじ2

鹸化率:90%


レッドラズベリーシードオイルは、抗酸化力、皮膚酸化や老化防止、UVプロテクト素材として有名なオイル。
このオイルは酸化しにくいと聞いていたのでSFとして使ってみました。
そうすれば、肌の弱い人やアトピーの人にも使えるかなぁと思ったのです。

今回は「ひまし油」を使っていないので泡立ちが心配でしたが、問題ありませんでした。
硬さもバッチリ!!!

シナモンパウダーはクレンジングにお勧めなので洗顔用としても使えます。
それと。
軽い湿疹に効果がありました!!!
ガサガサして痒みのあったお腹まわりが綺麗になりました♪

恐るべし、レッドラズベリーシードオイル(それともラベンダーEOかな?)
2010.06.25  #28 豆乳ガスール
今回「も」豆乳石けんデス←自分が気に入っているだけ


オプションにモロッコ産のガスール(ラスール)クレイを投入しました。

このクレイの特徴は「マグネシウムとカルシウムが多く含まれ、クレイの中でも肌にとてもマイルドに働き、粘土のマイナスイオンが汚れを吸着し、取り去り」ます。

毎度のコトながらSFにホホバオイルも大さじ2杯を入れました。


私が洗顔に使ってみた感想は・・・。

しっかり汚れを取るのに肌が乾燥しない!!!

私の肌は比較的ノーマルなので敏感肌の方には何とも言えませんが・・・。
結構サッパリ洗えている割には突っ張り感がありませんでした。

香りは微香ですが、さわやかな中にも落ち着きを感じさせるみたいな?
今の季節を爽快にさせてくれるのではないかと思います(タブン

豆乳ガスール
豆乳ガスール

【材料:600gバッチ】
・オリーブオイル:35%(210g)
・マカダミアナッツ油:10% (60g)
・ココナッツ油:15%(90g)
・ひまし油:10%(60g)
・ラード:30% (180g)

【オプション】
・豆乳:210g←水の量を全て豆乳にしました
・ガスールクレイ:大さじ1.5
・ホホバオイル:大さじ2
・精油:レモン、シダーウッドアトラス、プチグレン、マジョラムスィート、真正ラベンダー、サンダルウッドオーストラリア

鹸化率:94%


硬い石けんが出来上がりましたが、SFにホホバオイルを加えるコトによって、肌に優しい石けんが出来たと思っています。

2010.05.03  #27 つぼ草石けん
石垣島で無農薬で育てた「つぼ草」を使用したハーブを使って石けんを作りました。

つぼ草茶
つぼ草茶:1,300円
*画像をクリックすると商品ページに飛びます*


別名ゴツコーラと言い(和名:ツボクサ・つぼ草)オイルに漬けたモノを「センテラオイル」と言います(多分
美容対策(シミに良いらしい)傷や炎症には即効性を感じれるそうです。

ホントはお茶にして飲めば、皮膚や血管の代謝機能改善及び活性化、脳機能の改善に有用といわれているみたいです。

また抗酸化力が強く、美肌効果や皮膚の炎症を抑える作用、リラックス効果があるとされ、血行改善効果、利尿作用もあり、脚のむくみを解消する成分として使われる代表的なハーブです。

つぼ草石けんはオイルに半年以上漬けたモノとつぼ草のお茶、石けんのなかにはつぼ草も入れました。


【材料・600gバッチ】
・オリーブオイル(つぼ草inf):35%(210g)
・マカダミアナッツ油:10%(60g)
・ココナッツ油:15%(90g)
・ひまし油:10%(60g)
・ラード:30%(180g)

【オプション】
・フランキンセスEO、オレンジスイートEO、ラベンダー(ハイアルト)EO

鹸化率:90%

つぼ草石けん
つぼ草石けん


ここで失敗したのが、石けんのなかに「つぼ草」を入れ過ぎたコト。
熟成中に底がカビてしまいました(汗)

もちろんそこの部分は綺麗にカットしました。

使用感はサッパリしたカンジですが、今の季節にはちょうど良いかもしれません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。